チケット販売

1984年にスタートした日本初のコンピュータオンラインチケット販売システム「チケットぴあ」では、音楽、演劇、スポーツ、映画及びレジャーなど常時2万件のイベントが登録されており、年間で6,500万枚ものチケットを発券するなど、日本最大級の取り扱い規模となっています。多彩な販売チャネル、1,700万人を超える会員組織、国際大会での豊富な実績等のほか、これまで培ってきたチケット販売の技術・システム・ノウハウ等の強みにより、チケット販売市場にてトップシェアを誇っています。

多彩な販売チャネルにより利便性の高いサービスを提供

インターネット

24時間いつでもお好みのチケットをご購入いただけるインターネット「チケットぴあ」(PC、スマートフォン、携帯)

その他WEBサイト

興行主催者やスポーツ団体の他、様々な企業とアライアンスを結び、チケッティングシステムを提供することで、他社サイトでも、ぴあが票券管理を行う各種チケットを販売

ページの先頭へ戻る

1,700万人を超える会員組織に対し、様々なサービス・特典を提供

「チケットぴあ」が行うインターネット販売の中で最も早い先行販売や各種割引特典などを受けられる「ぴあプレミアム会員(ぴあカード会員)」や、先行抽選販売「プレリザーブ」等をご利用いただける「ぴあ会員」といった会員制度を運営しています。1,700万人を超える会員数(2017年3月現在)を誇り、レジャー・エンタテインメントシーンをよりお楽しみいただくための様々なサービス・特典を提供しています。

法人会員制度 after5club (アフター5クラブ)

企業や団体の福利厚生を目的とした法人会員制度を運営し、加盟している企業向けに、チケット販売を行っています。(関西エリア、中部エリア)

ページの先頭へ戻る

チケットに関連する様々なサービス・取り組みを展開

メモカぴあ

ライブ鑑賞など、そのワンシーンをフォトカード形式で残すことができるサービスです。

ページの先頭へ戻る

オリンピックをはじめとする様々な国際大会で、チケット販売管理業務を担当

ぴあでは、1998 年に長野県で開催された「第18回オリンピック冬季競技大会」にて「チケットマネジメント」のカテゴリーにおける「オフィシャルチケットサプライヤー」としてチケット販売で協力。以降、全てのオリンピック大会において、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)及び、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より、観戦チケット単体の国内販売業務を受託し、遂行しています。2005年7月から2014年 12 月まで「JOC オフィシャルチケッティングマネジメント」として、ロンドンオリンピック以降は「チケットディストリビューター」として協力しています。
「2002FIFAワールドカップ(TM)」「中国2010年上海国際博覧会」「2017アジア冬季札幌大会」「ラグビーワールドカップ2019日本大会」等の国際的なイベントにおいても、チケット販売管理業務を受託しています。
なお、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおいては、同大会組織委員会からチケッティングサービスを提供する業務委託事業者(TSP※)の契約候補者に選定されおり、契約に向けた手続きを進めています。(2018年6月現在)
※TSP … Ticketing System & Service Providerの略

2002年 FIFAワールドカップ
写真:AFP/アフロ
1998年 長野オリンピック