社員紹介

野﨑匠剛 2015年 新卒入社 エンタメが日常に当たり前にある、そんな世の中を作っていきたい 野﨑匠剛 2015年 新卒入社 エンタメが日常に当たり前にある、そんな世の中を作っていきたい

野﨑 匠剛(のざき しょうご) システム局事業システム推進グループ エンタメが日常に当たり前にある、そんな世の中を作っていきたい

「チケットぴあ」という巨大な流通システムの保守や開発

現在の担当業務について
システムエンジニアとして、「チケットぴあ」という巨大な流通システムの保守や開発が業務の中心です。データベースから販売戦略に役立つデータを抽出したり、他社とのシステムの連携部分をメンテナンスして、お客様が使いやすく充実した販売ができるようなシステムを作っています。また、既存のシステムだけでなく、新しいビジネスの検討の場に参加する機会もあり、これから生まれる新しいサービスの開発にも関わっています。中でも、入社1年目の時に参加した、全社的な中長期のシステム戦略の策定を行うプロジェクトが大変印象に残っています。当時は業界の知識もシステムの知識も殆ど無い状態で、話についていくのがやっとでしたが、だからこそ気付ける視点で意見を投げ込むことを意識し、結果としてプロジェクト自体にも良い貢献をできたと思っています。今はIT企業でなくとも、ITなしにビジネスを考えることはできません。ビジネスの“参謀役”である自覚を持って業務に携わっています。

「ぴあをこうしていきたい」という思いが自然と湧いた

ぴあに入社した理由
また、私は大学時代、化学を勉強していたのですが、ぴあの総合職では色々な仕事が経験できるのではないか、ということも志望のひとつです。就職活動全般でも、理系畑でその一員になるのではなく、自分がこれまで歩んできた道と大きく異なった環境となる組織に所属して経験を活かしたいという気持ちもありました。
ただ、理系出身ではありますがシステムとは遠いところの勉強をしていたので、入社後にシステム配属となってからは0からの勉強の日々でした。大変ではありましたが、「新しいことを知りたい」という欲求が強い方なので、この性格はよい方向に活かせたのではないかと思っています。だんだんわかり始めてくると「楽しい」「もっと知りたい」と思うようになりました。

突飛な提案もまずは受け入れて考えてくれる

ぴあの社風や人
柔軟に話を聴いてくれる人が多いという印象があります。どんなことも型にはめずに、突飛な提案もまずは受け入れて考えてみる、そんな雰囲気です。日ごろから、些細なことでもビジネスになるかもしれない、ということを考えている人が多いのだと思います。
また、ひとりひとりが、個性を発揮して働いているという印象もあります。ぴあの新卒での入社は総合職での入社になるので、ジョブローテーションもしながら、様々な部門の経験を重ねていきます。ですので、同じキャリアを歩んでいる人がおらず、ひとりひとりが、その人ならではの道を歩んでいて、それがその人の特徴になっています。部署にはもちろん役割がありますが、部署の役割を越えて、バイネームで仕事をしている、という印象があります。根幹はぴあの社員である、という意識の上でそれぞれの役割を各自が担っていると感じます。
今後の夢ややりたいこと
現在のシステム局で得たものを、今後は次のステップで活かして自分なりのキャリアを積み重ねていきたいです。そして、最終的には、ぴあという会社が様々な情報を発信をして、海外のようにエンタテインメントの敷居を、もっと気楽に楽しめるものにしていきたいです。今は自分の求めるエンタメにたどり着くには消費者が頑張らないと観ることができないように感じています。エンタメは非日常とも言いますが、もっと日常にあたりまえにある、そんな世の中を作っていきたいです。
※内容は取材時のものです。

若手社員一覧