トップはMr.Children。全国ツアーや周年記念大規模ツアーが復活。2022年上半期音楽ポップス興行規模ランキングを公表/ぴあ総研

2022年08月15日

CSR活動

ぴあ総研では、2022年1月から6月に開催された音楽ポップス公演の会場収容人数を合計し、各アーティストの上半期「興行規模」を算出、「音楽ポップス興行規模ランキング」を公表しました。2022年上半期の1位はMr.Childrenの65.7万人、2位はKis-My-Ft2の52.8万人、3位はKing & Princeの50.6万人となりました。

※コンサートの公演会場の規模から割り出した「興行規模」は、実際の「動員数」と一致するものではありませんが、アーティストの動員力を測る指標となります。

2022年上半期トップのMr.Childrenは、デビュー30周年を記念した全国ツアー「Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス」を、全国のドームとスタジアム6会場、及びツアーを先行して開催された限定ライブを含む計14公演を開催しました。2位は、2021年にCDデビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2。全国アリーナ&ドームツアー「Kis-My-Ftに逢える de Show 2022」を、上半期では全国8会場で計26公演を開催しました。

そのほか、7位には、本来2020年に開催する予定で延期になっていたデビュー30周年ツアーを開催した福山雅治が、 10位にデビュー25周年ツアーを開催中のゆずがランクインするなど、周年記念大規模ツアーを開催したアーティストが上位を占めています。

また、2位のKis-My-Ft2を筆頭に、3位にKing & Prince(自身初の全国ドームツアーを4会場/計10公演開催)、4位にSixTONES(全国アリーナツアーを9会場/計37公演開催)など、上位10位内にはジャニーズ事務所所属のグループが5組ランクインしており、圧倒的な動員力をみせました。

コロナ禍で続く水際対策措置により激減していた海外アーティストによる来日公演も徐々に再開しており、2022年上半期は韓国人男性グループ・NCT 127や東方神起が上位20位にランクインしました。

感染対策と社会経済活動の両立を目指す形で、集客エンタメ産業においても「ウィズコロナ」が進み、ドーム、スタジアムやアリーナを巡る全国ツアーや、海外アーティストによる来日公演の復活がみられます。


■音楽ポップス興行規模ランキング 2022年上半期ランキング:2022年1月~6月

順位 アーティスト名 興行規模
(万人)
公演回数
(回)
1 Mr.Children 65.7 14
2 Kis-My-Ft2 52.8 26
3 King & Prince 50.6 10
4 SixTONES 41.7 37
5 ジャニーズWEST 40.3 38
6 すとぷり 36.6 10
7 福山雅治 32.9 25
8 KAT-TUN 31.2 26
9 Official髭男dism 29.1 23
10 ゆず 28.1 20
11 back number 27.5 21
12 ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 27.5 6
13 NCT 127 27.0 5
14 あいみょん 26.5 29
15 EXILE 25.9 18
16 東方神起 24.9 21
17 GENERATIONS from EXILE TRIBE 24.2 13
18 乃木坂46 20.3 8
19 OMI 18.6 17
20 DREAMS COME TRUE 18.2 16

※興行規模=公演回数×各開催会場の最大収容人数 *実際の動員数とは異なる

PCサイトで読む

ニュース一覧に戻る