コロナ禍からの急回復に向かうアニメ関連ライブ市場、前年増減率195%増の121億円と推計/ぴあ総研が2021年の調査結果を公表

2022年10月05日

ぴあ総研が、アニメ関連ライブの市場動向に関する2021年の調査結果を公表しました。

本調査では、アニメ関連ライブ(アニメソング、声優による音楽公演)の年間チケット販売額を推計しています。
※2021年1月~12月に開催されたイベントが対象。

■アニメ関連ライブ市場について

2021年のアニメ関連ライブ市場は、前年増減率195%増の121億円と推計されます。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年には41億円まで落ち込んだアニメ関連ライブ市場は、2021年に感染対策と社会経済活動の両立が徐々に進むにつれ、大規模会場でのイベントや全国ツアーの再開とともに緩やかに回復に向かっています。しかしながら、コロナ禍前の2019年比増減率では51%減と、まだ半分程度の回復に留まっています。

大規模イベントでは、2020年には延期となった国内最大のアニソンフェス「Animelo Summer Live」が2021年8月に開催され、会場となったさいたまスーパーアリーナに3日間で約1万5千人を動員しました。また、アニメ音楽の祭典「ANIMAX MUSIX」は、2021年1月に同イベント史上初の無観客配信公演を開催しましたが、同年11月には横浜アリーナで有観客公演として再開されました。全国ツアーでは、「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS」が10周年を迎え2022年まで続く周年記念ツアーを開催、また、人気音楽ユニット浦島坂田船が2020年春ツアー以来となる全国ツアーを再開し、春・夏にツアーを開催するなどしました。

anime.jpg 

なお、ぴあ総研が2000年から継続しているライブ・エンタテインメント市場調査(アニメ関連ライブ市場を含む)は、日本で唯一のライブ・エンタテインメント市場全体を捉える統計調査として信頼をいただいております。

2021年のライブ・エンタテインメント市場全体の調査結果につきましては、『2022 ライブ・エンタテインメント白書』(発行:ライブ・エンタテインメント調査委員会)としてとりまとめ、10月7日(金)に公表予定です。

PCサイトで読む

ニュース一覧に戻る