ぴあで働く!若手社員編

ぴあの若手社員は、ジョブローテーション等を経験し、日々、キャリアアップしています。ぴあの多岐にわたる業務の様子をご紹介します。

森田 有爲

2010年入社

ライブ・エンタテインメント第一グループ

インタビュー

勝間 晴香

2011年入社

セールスプロモーショングループ

インタビュー

大下本 直人

2006年入社

ソリューション第一グループ

インタビュー

浅野 裕子

2008年入社

バリューマーケティングループ

インタビュー

大坂 俊介

2008年入社

ライブ・エンタテインメント第一グループ

インタビュー

木村 優子

2003年入社

セールスプロモーション 分析担当

インタビュー

岩本 啓

2009年入社

ソリューション第一グループ

インタビュー

山田 真優

2004年入社

コンテンツメディア担当

インタビュー


森田 有爲(もりた ゆい)

2010年度入社   法学部卒

配属:
関西支社 ライブ・エンタテインメントグループ

関西支社に配属となり、様々なライブや演劇のチケット仕入営業を担当。チケット販売の企画提案・交渉などを行う。

現配属:
ライブ・エンタテインメント
第一グループ

2014年に関西支社から本社への転勤を経験。関西支社で幅広いジャンルの公演を担当した経験を生かして、現在は東京での大型公演も含めたチケット仕入営業を担当。

これまでの仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

主催者様と一緒にプロモーションやチケット販売を頑張った公演を無事に迎え、出演者や主催者様と一緒に喜ぶことができた時にやりがいを感じます。チケットが完売した満員の会場を見た時は感無量です!

これからぴあで実現したいことは何?

チケットの委託販売の枠を超えて、自らが主催となって面白いと思うこと、ぴあらしい新しいイベントを企画していきたいです!

休日の過ごし方は?

平日録画したドラマを見たり、本や雑誌を読んだりしています。書店にはよく行くのですが、雑誌の表紙や並んでいる本を眺めるだけでも情報収集になります。

ぴあに入社を決めた理由は?

ひとつのジャンルに偏らず、自分の好きなジャンル全てを仕事にできる可能性を感じたからです。

学生のみなさんへ一言

就活は今までの人生の中で一番自分自身と向き合う時間だと思います。「自分」のルーツを極限まで遡ってください。ESに書くエピソードは無いのではなく、あなたが気づいていないだけです!頑張ってください!

ページの先頭へ戻る

勝間 晴香(かつま はるか)

2011年度入社   文学部卒

配属:
法務グループ

法務担当として、ビジネス契約チェックや弁護士相談の社内窓口を担当。

現配属:
セールスプロモーショングループ

より多くのお客様にエンタテインメントを知っていただくためのプロモーション企画・進行を担当。

これまでの仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

自分の発信したアイディアが周囲の方とのブレストの中で洗練され、膨らんでいき、ビジネスとして実現されていく過程にやりがいを感じます。人に話すことで、自分にはない気づきが得られるので面白いです。

これからぴあで実現したいことは何?

人によってエンタメとの接し方も異なると思うので、ぴあを利用するすべての方々のエンタメ欲を満たしてあげられるようなサービスを提案していけることを目指しています。

休日の過ごし方は?

朝起きたら、掃除と洗濯を済ませて、昼過ぎくらいまで録画した映画やDVDを観たりしてます。その後は、友達と食事に行ったり、行ったことがない街に繰り出して、街を散策したりしてリフレッシュするようにしています。

ぴあに入社を決めた理由は?

自分の意欲と頑張り次第で、何でもできると思ったから。エンタメ好きな人も多く、好きなことを仕事にしている人が多いという環境も良いと思いました。

学生のみなさんへ一言

就職活動を通していろいろな企業や人と会ったり話をしたりして、自分のやりたいことが実現できる企業と出合っていただけたらといいなと思います。

ページの先頭へ戻る

大下本 直人(おおしたもと なおと)

2006年入社   産業社会学部卒

配属:
関西支社 チケット販売・仕入営業担当

チケットぴあ店舗営業担当を経験後、イベントチケットの仕入営業部門へ異動。チケット販売の企画提案・交渉などを担当。

現配属:
ソリューション第一グループ

関西支社から本社への転勤を経験。 現在はJ リーグクラブチームに常駐し、チケットを中心としたソリューション全般を担当。

これまでの仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

部署のメンバーやお取引先様に頼りにされて、 その期待に応えられた時ですね。関西という東京とは異なる環境も経験しているので、仕事に対して皆と違った「視点」で気付くことがあれば、それをきち んと展開するように心がけています。

これからぴあで実現したいことは何?

夢は日本のサッカ-W杯優勝への貢献です。ぴあのチケッティングやソリューションのノウハウを生かして、試合に足を運ぷお客様を増やす。そうやってサッカー界全体を盛り上げることで、日本代表の強化に貢献したいと考えています。

休日の過ごし方は?

映画に行ったり、買い物をしたり、ぴあサッカー部でサッカーやフットサルをしたりと外出する日もあれば、平日に録画したドラマを見るため家の中で過ごすこともあります。自分なりのエンタメを楽しんでいます!

ぴあに入社を決めた理由は?

人の感動に携われること、仕事をする環境(一緒に仕事をする人や職場の雰囲気)がどうかの二つを軸に就活をしていました。ぴあで働く先輩とお話させていただき、魅力を感じて決めました。

学生のみなさんへ一言

色々な企業の話を聞いて回れるのは、今しか出来ない貴重な機会。ぜひ前向きに捉えて、良い部分を吸収してください!

ページの先頭へ戻る

浅野 裕子(あさの ゆうこ)

2008年入社   教育人間科学部卒

配属:
CVS・NWグループ

約4年間、提携しているコンビニエンスストアの営業担当として、店内ポスターなどプロモーション枠の調整、サービス改善、協賛交渉など様々な業務に携わる。

現配属:
バリューマーケティンググループ

「ぴあポイント」サービスを担当。サービス設計から、商品の仕入れ、販促施策の実施、お客様対応まで業務内容は幅広い。

これまでの仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

自分の思いついた販促施策が社内のブレストを経てどんどん膨らんでいき、その内容にお取引先様が喜んでくれた時、ユーザーのみなさまからの反応が良かった時ですね。お客様からいただいた感謝のお手紙は宝物です。

これからぴあで実現したいことは何?

私自身エンタテインメントが大好きなので、出かける時、情報を探すときにもっと便利になる仕組みをつくりたいです。自分で探さなくてもかゆいところに手が届く情報が、ぴあなら手に入る、というのが理想です!

休日の過ごし方は?

好きなアーティストのライブに行ったり、現代アートの展覧会をはしごしたり、知らない街を散歩したりなど色々です。最近は体を動かすレジャーが気になっていて、今度フォレストアドベンチャー(樹から樹へ飛び移る遊び)に行ってきます!

ぴあに入社を決めた理由は?

「生」で観る感動は格別で、その感動を沢山の方に届けられる仕事に関わりたいと思ったのと、特定のジャンル、コンテンツに縛られず、自分の目で選んだものを発信できることも魅力的だと感じました。面接が楽しかった、内定者顔合わせで同期と意気投合したのも決め手です。

学生のみなさんへ一言

「社会でこれをやりたい」という考えや気持ちの重さは人それぞれ。想いが強い人ほど悔しい・苦しい気持ちになるんです。適度に息抜きをして前向きに頑張って下さい!

ページの先頭へ戻る

大坂 俊介(おおさか しゅんすけ)

2008年入社   政治経済学部卒

配属:
経営計画室

全社の事業収支管理などの業務を担当。経営会議の運営事務も経験。

現配属:
ライブ・エンタテインメント
第一グループ

音楽ジャンルを中心としたチケットの仕入営業を担当。

これまでの仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

ぴあにしかできない方法で、アーティストのプロモーションのお手伝いをして、お取引先様に喜んでいただいた時です。そうした仕事を通して、思い入れが強くなったアーティストのライブを見た時の感動は一味違います!

これからぴあで実現したいことは何?

実は僕、秋田県出身で東京に出てくるまでライブに行く機会に恵まれなかったんです。なので、地方の中高生がライブに行くきっかけになるような、そんな仕掛けを作っていきたいですね。

休日の過ごし方は?

土日はチケットの一般発売日なので、券売状況の報告から始まります(笑)。いつ電話がかかってくるか分からないので、日中は録画した映画やドラマを見ていることが多いです。夜は担当している公演の立ち会いに行くか、どこかの飲み屋にいるか、どっちかですね。

ぴあに入社を決めた理由は?

仕事の内容が、良い意味で規定されていないと感じたからです。ぴあが持ちうる多種多彩な武器を駆使して、領域に拘らず新しいことを仕掛けていくという、企業説明会でのプレゼンが印象に残り、エントリーに至りました。

学生のみなさんへ一言

学生生活って貴重な時間だったなと感じてます。 皆さんも悔いの無いように就職活動を突き詰めたら、残りの時聞をとことん楽しみ尽くして下さい!

ページの先頭へ戻る

木村 優子(きむら ゆうこ)

2003年入社   政治経済学部卒 

配属:
レジャーメディア担当

ぴあの編集ノウハウを活かし、他社とのタイアップによる「受託型制作物」の企画提案・制作。

現配属:
セールスプロモーション 分析担当

各部署からの依頼を受け、チケットの様々な販売データから、今後の販促に役立つ分析を行い、データを作成。

育児休暇から復帰後、仕事と子育てを両立させるのは大変ですか?
そのために工夫していることなどありますか?

職場復帰して約半年です。当初は、仕事も育児も家事も完璧に…と気負って無理をしていたのでやっぱり大変でした。でも、家事はある程度手抜きをしようと決め、夫の帰宅が早い日は家事・育児に協力してもらうことで、すごく楽になりました。両立のための工夫としては、子供を寝かせた後に次の日の夕飯の下ごしらえや保育園の準備をしておくことくらいです(笑)。その分、子供が起きている間は、一緒に過ごす時間を大切にしています。

職場の雰囲気はどうですか?子育てとの両立について理解はありますか? 

フルタイム勤務ですが、基本的に残業をしない働き方をしているため、業務の中でも納期が長めの依頼を担当させてもらったり、調整してもらうことも多いです。チームの方の理解やフォローのおかげで子育てと両立できているので、本当に感謝しています。また、子供の発熱などで急に休まなければいけないこともあるので、できることは後回しにせず何でもすぐやるようになり、自分の働き方も以前から変化したなぁと感じます。

これまでの仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

提案した企画を形にしていく時や、出来上がった制作物をクライアントに喜んでもらえた時です。現在、業務は変わりましたが、依頼を受けて作成したデータが、営業やプロモーションの役に立っていくのはやりがいを感じます。

ぴあの好きなところは?

若手のうちからどんどん意見を求められ、大きな仕事に関わっていけるところ。また、それをサポートしてくれる雰囲気があるところ。

ページの先頭へ戻る

岩本 啓(いわもと けい)

2009年入社   法学部卒

配属:
ソリューション第一グループ

契約社員として入社。スポーツのチケット仕入営業を担当。

現配属:
ソリューション第一グループ

オリンピック事業プロジェクトと兼任で、スポーツやオリンピックのチケット仕入業務を中心にファン拡大のための様々な施策を担当。

ぴあに入社したきっかけと、今までの経歴は?

エンタメやスポーツに携われる仕事をしたいと思い、契約社員として入社しました。スポーツの部署で主にサッカーやオリンピックのチケット営業を担当、2012年に正社員登用試験を受けて正社員になりました。単にチケットを仕入れて販売するだけでなく、プロモーションや顧客分析などのマーケティング活動も交えながら、各種競技団体やクラブ・球団と一緒に、ファンやサポーターの拡大化を目指しています。どうやったらお客さんが喜んでくれるか、そして満員のスタジアムを作れるかを、日々考えながら奮闘中です!

他の会社と比べて、ぴあがよいと感じるところは?

ぴあは役職や年齢問わず、やる気があればたくさんの仕事をどんどんと任せてもらえる会社です。他の会社では経験できないような大きな仕事を若いうちにいっぱい経験できるはず。大きな仕事を任せてもらったら、あとは自分の頑張り次第(笑)!

これからぴあで実現したいことは何?

ぴあの事業はチケットを販売するだけではありません。いわば、ぴあはエンタメのインフラを作る会社。エンタメをキーワードに多角的に事業を展開しています。これからもぴあの事業を通じて、一人でも多くの人に元気と笑顔を与え、日本を活性化できる事業をたくさん実現していきたいです。

ぴあに入社を決めた理由は?

チケッティングという事業は、エンタメビジネスの色々な事業の中でも、お客様と直接向き合い、またその入り口となる、根幹の事業と思っています。そのチケッティング事業を深く経験できる環境がぴあにはあると思い、入社を決めました。

学生のみなさんへ一言

まず就職活動を楽しんでください!そして一人でも多くの人に会い、相手の話をたくさん聞いて、自分の想いをたくさん話してください。そうすれば、きっと自分に合った良い会社が見つかると思います。

ページの先頭へ戻る

山田 真優(やまだ まゆ)

2004年入社   教育学部卒

配属:
企画制作担当

ぴあの雑誌やMOOKの広告進行を経験後、クライアントから受注したタイアップ広告や小冊子の制作を担当。営業から編集までを行っていた。

現配属:
コンテンツメディア担当

ハローキティやシナモロールなどの付録付きキャラクターMOOKやグルメ・レジャー領域の各種MOOKの企画・編集。

これまでの仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

大変な思いをしながら、全く何もない状態から企画をして、何ヶ月も愛情をかけて作成した本が実際に誕生し、世の中のニーズに合い、評判も良く、売れ行きが好調な時。また、読者から「こんな本が欲しかった!」というようなお礼の手紙などをいただいた時には、自分の仕事が誰かの役に立っていることを感じ、とてもうれしいです。

これからぴあで実現したいことは何?

ベストセラーになるような、世の中で注目される、売れる本を作ること。ブームの半歩先を読み、読者にこんなものがあるんだ~!と驚きや感動を与えられ、そしてもっと売れる本を作っていきたいです。

ぴあの好きなところは?

若い時から仕事を任せられ、活躍できる場があること。また、外部の人からも言われますが、「いい人」が多いこと。

学生のみなさんへ一言

学生ならではの特権を活かして、様々な業界や会社で働いている人の話を実際に聞き、自分で納得できる結果が出せるまで、頑張ってください!