社員紹介

生方 友梨 2014年 新卒入社 事業企画室 ステップを踏んで形にしていく仕事 生方 友梨 2014年 新卒入社 事業企画室 ステップを踏んで形にしていく仕事

生方 友梨(うぶかた ゆり) 2014年 新卒入社 事業企画室 ステップを踏んで形にしていく仕事

会社の現状を分析して、計画を立てる

現在の担当業務について
会社の現状を分析して、この先の計画を立ていくことが事業企画室の仕事です。会社の状況を見て診断書を出していく仕事なので、“会社のお医者さん”のような役割だと思っています。
具体的には、月1回の経営会議で使うための各部門の売上や利益等のデータ集計・分析や、会社の予算策定のサポート、市場動向のチェックなどを行っています。私はチケット部門をメインで担当をしているので、チケット部門の部会に参加をして、常に社内の最新状況を把握することも心がけています。最近では、通常業務に加えて、部門別の戦略を作るプロジェクトが始まり、私は事務局を担当しています。これまでは、経営会議や予算策定など、会社の中でも上の立場の方と向き合う機会が多かったのですが、部門別の戦略は、現場の中堅から若手の社員が中心となってとして動かしているので、現場の最前線にいる社員と話をしながら、ステップを踏んで形にしていくプロセスが、大変ではありますがやりがいも大きく感じています。

「相手のため」に大切なことをフィードバックしてくれる

ぴあに入社した理由
直感に近いかもしれませんが、大学3年生の時に参加したインターンシップや選考を通して”人“が合うなぁと思ったことが理由です。選考での面接官の方とのやりとりを思い出しても、「採用」や「選考」のために話をするのではなく、「相手のため」に大切なことをフィードバックしてくれている印象がありました。また、事業内容や携われるジャンルの幅がとにかく広い会社なので、この先にやりたいことが増えていったとしても、どんなことでも叶えられるのではないか、ということも理由です。
このような気持ちは、入社して振り返ってみても間違っていなかったなと思っています。ぴあにはやりたいことを応援してくれる風土や、自由度があるので、のびのびと働くことができています。
どんな学生時代でしたか?
小学校からダンスをしてきて、大学でもタップダンスのサークルに所属していました。もともとは舞台に上がることが好きだったのですが、サークルの運営に携わったことで、どうやってみんなのモチベーションをひとつにして、楽しく盛り上がる公演をつくるのか、ということを考えていくことが面白く感じるようになりました。この経験が、たくさんの人と関わりながら、エンタテインメントを創ることができるぴあへの入社動機につながっています。

好きなもの・趣味について
エンタメでは、舞台やミュージカルが好きでよく観にいっています。休みの日も予定を入れて外に行きたいタイプなので、食フェスに出かけたり、会社の先輩に誘われて競馬に出かけたりもしています。
今後の夢ややりたいこと
2020東京オリンピック・パラリンピックには、何らかの形で携わりたいです。また、ぴあで働いている“人”にフォーカスしていく仕事にも興味があります。ぴあでは、自己申告制度があり、今後自分が希望するキャリアを会社に伝える機会が年に1回ありますし、ジョブローテーションも定期的におこなわれているので、これまでのキャリアを生かして次のステップに進んでいきたいです。
※内容は取材時のものです。

若手社員一覧