社員紹介

鈴木 康介 2016年 新卒入社 チケッティングソリューショングループ いつか”自分発“の流行をつくりたい 鈴木 康介 2016年 新卒入社 チケッティングソリューショングループ いつか”自分発“の流行をつくりたい

鈴木 康介(すずき こうすけ) 2016年 新卒入社 チケッティングソリューショングループ いつか”自分発“の流行をつくりたい

より多くのお客様に足を運んでいただくために

現在の担当業務について
スポーツジャンルのソリューション営業担当として、試合により多くのお客様に明日を運んでいただくために一緒に施策を考えて実現をしていく仕事です。私が担当しているのはJリーグやBリーグなどで、お客様に安心安全・手軽にチケットを購入いただくためのシステム調整や、会員様データの管理、またプロモーションの提案等を行います。私はまだ入社して1年経っていないのですが、ぴあは若いうちから信頼して任せてくれる社風があると感じています。また、任せるだけでなく、困ったときは周りの経験豊かな先輩に気軽に相談できる環境があるので、聴きながら覚えていくという感覚で、業務に取り組むことができています。
印象に残っている仕事
何か新しいチケット販売先の連携やプロモーションができないかと考え、大学の生協と連携することを提案しました。学生が何か情報を得る場所ということで生協が思いつき、直接各大学の生協に連絡をとったところ、数校の大学生協にご協力いただけることになり、現在Jリーグの告知やチケット販売の連携を進めています。
また、サッカー「天皇杯」のチケット担当を勤めたことも大きなやりがいにつながりました。トーナメント戦は実際の結果が次のチケット販売に反映されるので予期できないことも多く、調整にはとても苦労したのですが、元旦に大阪の吹田スタジアムに足を運ばれたお客様の姿を実際に見ることができ、その場所の熱気を肌で感じたことで、ぴあではこんなに大きなことができるんだ、ということを実感しました。

ジャンルを横断してエンタメに関わることができる

ぴあに入社した理由
大学ではバスケサークルのキャプテンを勤めていましたが、同じくらい熱中したのが音楽でした。音楽に関わる仕事したいと就職活動を進める中でぴあに出会いましたが、ぴあであればジャンルを横断してエンタメに関わることができ、また出版も含めてノウハウを持っているので、それらを生かして面白いものを創ることができるのではないかと感じて志望しました。

やりたいことを応援してくれる社風

ぴあの社風
就職活動の途中で、ぴあの先輩社員から「やりたいことを応援してくれる社風」という言葉を良く聞きましたが、実際に入社をしてみて、その言葉が本当だったということがわかりました。働いている人は、後輩想いで、こまめに声をかけてくれる方が多いです。また、営業の担当は個人で任せられるのですが、個で動いているというより、チームで動いているという感覚も強いです。
また、同期入社は7人いますが、新入社員研修では1ヵ月半同じプログラムを同期で受講するので、とても濃密な時間を過ごしました。ぴあは総合職としての入社なので配属先はそれぞれですが、まずは自部門で実績を積んでいき、その経験がどこかで集まったときに、何かすごいことが実現するのではないかと、今からワクワクしています。
プライベートの過ごし方
サッカーなどのスポーツの試合が土日に入ることがあるので、休みの周期は学生時代から変わりましたが、好きなことは変わらずに、今もバスケをしたり、好きなアーティストのライブに行ったりと、休日を楽しんでいます。
今後の夢ややりたいこと
何か「流行」をつくりたいです。それは新しいサービスかもしれないですし、プロモーションかもしれないですが、今は自分の知らないものをどんどん取り入れて蓄積をしてき、いずれ「自分発」のものを創り出していきたい。世の中に影響を与えていきたいです。
※内容は取材時のものです。

若手社員一覧