ぴあの業績と見通し・成長戦略

個人投資家のみなさまに、ぴあをより深くご理解いただくための情報をわかりやすくご紹介いたします。
ぴあの企業活動を知って、株主になりませんか?

業績と見通し

直近の決算情報

【2016年度 決算】

中期経営計画の2年目にあたる2016年度のぴあグループの連結業績は、チケット流通事業の好調を受けて、期初予想を上回るかたちで伸張し、過去最高の売上高、営業利益、経常利益を達成しております。インターネットでのチケット販売が伸び、音楽ジャンルを筆頭に、スポーツ・演劇・映画など様々なジャンルのチケット販売が年間を通じて好調に推移しました。但し、当期利益は、先月公表した個人情報流出事案における対応実費、補償費などを特別損失として計上、また実効税率の上昇による法人税等の増のため、期初予想を下回りました。 ※詳細はこちら

※次回の決算発表予定:【2017年度第1四半期決算】2017年8月

主要な経営指標

売上高

経常利益

当期利益

業績見通し

2017年度は中期経営計画の最終年度として、引き続き「事業投資の拡大による成長スピードの更なる加速」をテーマに、①既存事業の安定的な成長、②メディア・コンテンツビジネスへの新たな取り組み強化、③チケットサービスとメディア・コンテンツビジネスの融合、を推進してまいります。これに伴う通期業績の見通しは、売上高1,550億円、営業利益18億円、経常利益18億円、当期利益12億円となる予想です。

(百万円)
【連結PL】 上期 通期
2016年度実績 2017年度予想 2016年度実績 2017年度予想
売上高 77,641 77,500 152,812 155,000
営業利益 1,075 900 1,789 1,800
経常利益 1,087 900 1,679 1,800
当期利益 734 600 974 1,200

ページの先頭へ戻る

成長戦略

中期経営計画のポイント

2014年度は、期初予想を大きく上回る形で着地し、再生モードから未来志向の成長モードへのシフトに取り組んできた中期事業計画の最終年度として、その完了を実感できる成果を得ることができました。
それに伴い、当社では「中期経営計画」(3ヶ年)を策定しました。初年度にあたる2015年度は、次なる成長のための投資の年、2016年度はチャレンジの年と位置づけ、チケット流通を軸とした当社のブランド、サービス、プラットフォームをさらに強化し、3年後を見据えたジャンピングボードを準備して参ります。

当期純利益 ※連結ベース

重点実行項目

既存事業の安定的な成長 レジャー・エンタテインメント領域における、チケット流通を軸としたぴあのブランド・サービス・プラットフォームを継続的に強化し、よりお客様に支持されるチケットサービスを展開していきます。
メディア・コンテンツビジネスへの新たな取り組み強化 レジャー・エンタテインメント領域において、当社グループが豊富に有するお客様とのコミュニケーションや多岐にわたる取引先との事業機会を最大限に活用し、興行・イベントあるいは関連商品・メディアの供給ビジネスに取り組みます。
チケットサービスとメディア・コンテンツビジネスの融合によるビジネスモデルの進化 チケットぴあを中心としたプラットフォームと新たな取り組みによるコンテンツ創造の両軸により、良質なコンテンツの創出からお客様一人ひとりの感動体験までをトータルにご提供するぴあならではのビジネスモデルの進化と、収益の拡大を目指します。