事業紹介

ぴあグループは、音楽・スポーツ・演劇・映画・各種イベントのチケット販売を柱に、ライブ・エンタテインメント領域において幅広く事業を展開しています。【チケッティングビジネス】【コンテンツビジネス】【ソリューションビジネス】【ホール・劇場ビジネス】【メディア&プロモーションビジネス】の5つを連携させ、業界(興行主催者、コンテンツホルダーなど)とエンドユーザーの皆さまをつなぐ、さまざまなサービスを提供しています。

「感動のライフライン」の実現 チケット販売, コンテンツビジネス, メディア展開, ソリューションビジネス

【チケッティングビジネス】は当社の根幹を成す事業で、ECサイト「チケットぴあ」と提携コンビニエンスストア・チケットぴあ店舗・コールセンターなどを連携させ、約1,700万人の「ぴあ会員」に各種チケットを販売しています。近年では、チケット販売のノウハウやイベント運営などの実績を活かし、興行の主催・出資から、企画・制作までを行う【コンテンツビジネス】も拡大しています。

また、スポーツ団体や興行主催者、ホール・劇場などにチケット販売システムを提供するとともに、当社に蓄積されたエンタテインメント領域におけるさまざまなデータを活用し、プロモーションや顧客管理戦略の立案などを行う【ソリューションビジネス】も展開しています。【ホール・劇場ビジネス】については、2020年春に開業予定の「ぴあアリーナMM」(横浜・みなとみらい地区)の着工により本格的な取り組みを開始しました。

さらに、2018年11月に本創刊をした「ぴあ」(アプリ)をはじめ、Webメディア「ウレぴあ総研」「ぴあ映画生活」や、当社が企画・編集する各種出版物、提携コンビニエンスが発行するフリーペーパーなどの各種媒体を活用した【メディア&プロモーションビジネス】を展開することにより、ぴあの各種ビジネスを結ぶ“バリューチェーン”を支えています。

オリンピック・パラリンピックやラグビーW杯、サッカーW杯など、国際的規模の大型イベントのチケッティング業務の受託も拡大しており、活動の場は世界に広がっています。同時に、映画界における新しい才能の発見と育成を目指す「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」、エンタテインメント活動を通じた東日本大震災の復興支援プロジェクト「チームスマイル」、エンタテインメント業界の継続的な市場調査・分析を行う「ぴあ総研」などのCSR活動を継続することで、「社会の公器」としての役割を担ってまいります。

その他、当社のビジネスモデルについてはこちら        

最近の主な取り組み