よくあるご質問

ぴあグループの決算・最新の動向についてのご質問にお答えします。

【2020年度 決算】

このコロナ禍にもかかわらず、通期での売上高、営業利益、経常利益、当期利益ともに、ほぼ連結業績予想通りだったのはなぜですか?(2021.5.13)

集客イベントへの開催制限が、昨年9月以降に一時的に緩和され、当初想定を上回る回復傾向が見られたものの、年明けからの緊急事態宣言の発出、さらにはその期間延長等により、2月時点で厳しい通期業績の見通しを想定せざるを得ませんでした。その後もイベントの開催制限が緩和されることはなく、見込み通りの着地となりました。

財務状況について教えてください。(2021.5.13)

コロナ禍の影響下での当社の資金状況については、主要金融機関との間の長期借入金主体のシンジケートローンの実行や、政府系金融機関からの資本性劣後ローンによる調達等にて円滑に推移しており、事業継続に必要な資金は十分に確保済みです。現預金残高も、第4四半期に入った後も、なお100億円を超える水準で安定的に推移しています。コロナ禍の長期化も見据えて、全社経費の縮減や配信事業の強化を継続するとともに、ポストコロナを見据えた新たな事業展開に迅速に対応するべく、自己資本の増強、資本性劣後ローンによる調達、さらには三菱地所との業務資本提携による増資等により、中長期的な財務基盤の拡充を図っています。

ぴあアリーナMMはあまり稼働していなかったが、財務的に影響はないのですか?(2021.5.13)

ぴあアリーナMMでは、コロナ禍で多くの公演がキャンセル・不成立となりましたが、その中でも、行政の指導に従いながら、会場でのライブ開催を積極的に推進してまいりました。またコロナ終息後は、リアルにつながることへの価値が高まり、当初計画以上の高い稼働率を維持できる見込みのため、今後約30年間の投資の回収見通しとしては、当初想定とは大きくずれることは生じることはないと判断しており、借入先の金融機関からのご理解とご対応も十分に得ておりまして、財務面での懸念は生じないと認識しています。同様に、いわゆる減損リスク等の会計においても回収期間から期待される収益が大きく棄損していないと判断しており、減損等による損失の懸念は生じておりません。

2021年度の業績の見通しについて教えてください。配当や株主優待は行われるのでしょうか。(2021.5.13)

大都市圏での緊急事態宣言が延長された現時点では、業績回復基調への足取りは停滞を余儀なくされ、今後の制限解除の推移についても見通し難い状況にあります。以上のことから、2021年度の業績予想につきましては、現時点では合理的に算定することが極めて困難と判断し、開示が可能となった段階で速やかに公表いたします。同様に、配当や株主優待につきましても、現状維持を目指しますが、現時点での見通しの公表は控えさせていただきます。

【2020年度 第3四半期決算】

財務状況について教えてください。(2021.2.12)

キャッシュ残高は、前期末からの借入継続、及びチケット売上の回復傾向により、引き続き問題のない水準にて推移中です。中長期的な観点からの財務基盤の強化に向け、自己株式の処分(第三者割当・RS)による自己資本の増強、資本性劣後ローンやシンジケートローン契約の締結による借入金の長期安定化を実現しています。

2020年度の通期業績の想定について教えてください。配当や株主優待は行われるのでしょうか。(2021.2.12)

第3四半期に入り、想定を上回る回復傾向が見られ、イベント開催にかかる規制解除が進むことで、年明け以降も緩やかながらも回復基調を辿っていくものと第2四半期決算開示時点では見込んでおりました。しかし、1月8日からの緊急事態宣言の発出、さらにはその期間の延長により、政府等からの集客イベント開催の規制が再強化され、顧客心理の一段の冷え込みも窺えるなど、遺憾ながら業績回復基調への足取りの停滞を余儀なくされております。 今後の新型コロナウイルス感染状況も見通し難く、通期の業績予想につきましては、現時点では概ね、売上高720億円、営業損失60億円、経常損失60億円、親会社株主に帰属する四半期純損失65億円、の各程度という見込みといたしました。つきましては、上記連結業績予想などを踏まえ、誠に遺憾ながら2021年3月期の配当予想は無配とさせていただきます。別途開示いたしました「連結業績予想及び配当予想(無配)に関するお知らせ」をご参照ください。また、株主優待につきましては、現時点では変更の予定はございません。

2度目の緊急事態宣言の影響について教えてください。(2021.2.12)

第3四半期までは、集客制限の緩和によるチケット売上の回復に伴い、市場全体も回復傾向にあったものの、感染拡大を受けた集客制限の再延長、再度の緊急事態宣言に伴うイベント開催制限の強化により、第4四半期の1-3月期の業績は、当初の目論見を下回る着地を避けられない見通しです。GoToイベントやJ-LODLive等による支援策は実効性に乏しく、業界全体に対する早急な支援・助成が求められる状況となっています。

【2020年度 第2四半期決算】

財務状況について教えてください。(2020.11.12)

前期末からの借入による資金調達後、チケット売上の回復傾向により、キャッシュ残高は問題ない水準にて推移しています。本日開示させていただきました、自己株式の処分と追加の長期借入及び資本性劣後ローンにより、約42億円を調達し、さらに備えを厚くする予定です。(なお、9月末は一時的に残高水準が低下していますが、10月以降は100億円を超える水準で安定的に推移しております。)

2020年度の通期業績の想定について教えてください。配当や株主優待は行われるのでしょうか。(2020.11.12)

第4四半期のチケット発売の合理的な算定が困難なことから、2021年3月期連結業績予想については、本日時点では未定となっております。今後の政府のイベント緩和方針やGo To イベントキャンペーンの動向を踏まえ、見通しが立った時点で、速やかに通期業績開示をいたします。同様に、配当や株主優待につきましても、現状維持を目指しますが、現時点での見通しの公表は控えさせていただきます。

【2020年度 第1四半期決算】

2020年度第1四半期は赤字決算だが、経営的には大丈夫なのか?(2020.8.13)

2月下旬以降、ほぼすべてのイベントが中止・延期になっており、3~5月のイベントのチケット販売案件はほぼゼロ、チケット払戻業務が日々発生している状況でしたが、6月末からJリーグ、7月に入りプロ野球が制限付きながら開幕し、チケット販売も再開されております。資金状況については、昨年度末の早い段階から借入を準備し、約150億円の調達を済ませて万全を期しておりますので、事業の継続には何ら問題はありません。

通年の業績予想が出ていないが、今後の見通しは全く立っていないのか?(2020.8.13)

大規模イベントの開催に関する政府や自治体からの規制緩和のタイミングが見えず、業界としても今後のイベント開催の計画が正確に立てられずにいます。コロナ禍の収束の気配が見えない中、回復には一定の期間がかかると思われます。当社としても、依然として通年の業績を見通し難い状況が続いておりますが、今後、スポーツを中心に徐々にイベントが再開されることを期待しつつ、役員報酬の減額を含めた全社経費の削減なども行い、第3~4四半期の黒字回復を目指します。通期見通しは、今後開示が可能となった段階で速やかに公表いたします。

【2019年度 決算】

通期での売上高、営業利益、経常利益、当期利益ともに、期初予想を下回った理由は?(2020.5.21)

当社グループの連結業績は、特に演劇・サッカー・ 映画ジャンルを中心に、興行チケット販売は年間を通じて当初想定通りに推移しておりました。しかし、2020年2月以降の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、あらゆる興行の中止・延期が全国規模で発生し、チケットの払い戻し業務が増大、その対応等に関わる特別損失を5億54百万円計上したこと、また第4四半期の売上高が急減したことが要因となり、今回の結果となりました。

どのような費用が特別損失になっているのですか?(2020.5.21)

チケットの払い戻し対応によるコストや主催興行の中止により発生したコストなどを特別損失として、約5億5千万円計上しています。

ぴあアリーナMMの開業はいつ頃になるのですか?(2020.5.21)

現時点で、6月末までに開催予定だった主な興行・イベントがほぼ中止・延期となっています。開業日につきましては主催者さまと協議の上検討中ですので、決定次第、お知らせいたします。

2020年度の業績の見通しについて教えてください。配当や株主優待は行われるのでしょうか。(2020.5.21)

現時点で、新型コロナウイルス感染拡大の状況が見通せないため、2020年度の当社グループの業績への影響を、合理的に算定することが極めて困難な状況です。今後、開示が可能となった段階で速やかに公表いたします。同様に、配当や株主優待につきましても、現状維持を目指しますが、現時点での見通しの公表は控えさせていただきます。

【2019年度 第3四半期決算】

2019年度第3四半期が減収減益となった理由は?(2020.2.13)

音楽ジャンルを中心に大規模興行が少なかったこと、昨年末リリースした新規事業「ぴあ」(アプリ版)の立ち上げに関わる経費を反映させたことによるものです。なお、当社グループの連結業績は概ね当初の想定通りに進捗しており、当社がチケット販売業務を受託したラグビーW杯日本大会の歴史的成功、本番が近付く2020東京オリンピック・パラリンピックへの期待感、「ぴあ」(アプリ版)のBtoBを含む売上の発生等を鑑み、通期業績予想にも修正はありません。

【2019年度 第2四半期決算】

2019年度第2四半期が減収減益となった理由は?(2019.11.14)

第2四半期における前年同期比で減収減益となった理由は、音楽ジャンルを中心に大規模興行が少なかったこと、昨年末リリースした新規事業「ぴあ」(アプリ版)の立ち上げに関わる経費を反映させたことに加え、投資有価証券の評価損等の特別損失を1億33百万円計上したことによるものです。一方、スポーツジャンル(特にプロ野球)でのチケット販売が好調に推移するなど、当社グループの連結業績は概ね当初の想定通りに進捗しており、通期業績予想にも修正はありません。

【2019年度 第1四半期決算】

2019年度第1四半期が減収減益となった理由は?(2019.8.8)

第1四半期における前年同期比で減収減益となった理由は、音楽ジャンルを中心に大規模興行が少なかったことに加え、昨年末リリースした新規事業「ぴあ」(アプリ版)の立ち上げに関わる経費を反映させたことによるものです。一方、特にスポーツ(プロ野球・サッカーJリーグ他)ジャンルでのチケット販売が好調に推移するなど、当社グループの連結業績は概ね当初の想定通りに進捗しており、通期業績予想にも修正はありません。

【2018年度 決算】

2018年度が過去最高の売上になった理由は?(2019.5.9)

「コト消費」ニーズの高まりを背景に、音楽、スポーツ、イベント、映画ジャンルを中心にチケット販売事業が好調に推移したためです。売り上げに貢献したのは、「Mr.Children」「松任谷由実」、「シルク・ドゥ・ソレイユ・キュリオス」等の大型興行、プロ野球やサッカーなどのスポーツジャンル、ぴあ主催興行では「神宮外苑花火大会」や「PMC(ぴあフェス)」などです。

【2018年度 第3四半期決算】

2018年度第3四半期が過去最高の売上になった理由は?(2019.2.14)

「コト消費」ニーズの高まりを背景に、音楽、スポーツ、イベントジャンルを中心にチケット販売事業が好調に推移したためです。売り上げに貢献したのは、「松任谷由実」、「東京ヤクルトスワローズ主催試合」、「シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ キュリオス」など、ぴあ主催興行では「uP!!! FESTIVAL 2018 ~SEKAI NO OWARI×WANIMA~」などです。

【2018年度 第2四半期決算】

2018年度第2四半期が過去最高の売上になった理由は?(2018.11.8)

「コト消費」ニーズの高まりを背景に、音楽ジャンルの大型興行やスポーツ、イベントジャンルを中心にチケット販売事業が好調に推移したためです。売り上げに貢献したのは、「松任谷由実」、「東京ヤクルトスワローズ主催試合」、「シルク・ドゥ・ソレイユ・キュリオス」など、ぴあ主催興行では「神宮外苑花火大会」、「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE ~2nd Tour “Bright Star!”~」などです。

【2018年度 第1四半期決算】

2018年度第1四半期が過去最高の売上になった理由は?(2018.8.9)

「コト消費」ニーズの高まりを背景に、音楽ジャンルの大型興行やスポーツ、イベントジャンルを中心にチケット販売事業が好調に推移したためです。売り上げに貢献したのは、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」、「横浜DeNAベイスターズ主催試合」など、ぴあ主催興行では「Tokyo・Osaka Metropolitan Rock Festival」などです。

【2017年度 第2四半期決算】

2017年度第2四半期が過去最高の売上になった理由は?(2017.11.9)

インターネットでのチケット販売が引き続き好調に推移し、特に音楽・スポーツ・演劇ジャンルにおいて、チケット売上が業績予想以上に伸長したためです。イベントで売り上げに貢献したのは、「Mr.Children」、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」、「横浜DeNAベイスターズ主催試合」、ぴあ主催興行では「TOKYO・OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL」などです。

通期の業績予想は修正しないのか。(2017.11.9)

ネット販売を中心にチケット売上は好調を持続しており、販管費の抑制による利益目標の達成を目指します。ただし、来期以降もシステム基盤の強化と安定化に向けた重点投資は継続する見込みです。

【2017年度 第1四半期決算】

2017年度第1四半期が過去最高の売上高になった理由は?(2017.8.9)

「コト消費」関連市場拡大の追い風を受け、音楽、演劇、スポーツ、映画など主要ジャンルでのチケット販売が好調に推移したためです。売り上げに貢献したのは、「Mr.Children」、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」、ぴあ主催興行では「Tokyo・Osaka Metropolitan Rock Festival」などです。

【2016年度 決算】

2016年度決算が過去最高の売上高、営業利益、経常利益になった理由は?(2017.5.10)

インターネットでのチケット販売が引き続き好調に推移し、特に音楽ジャンルにおいて、チケット売上が前期を上回ったためです。売り上げに貢献したのは、「ONE OK ROCK」、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」、「back number」、ぴあ主催興行では「大相撲なにわ場所」「オリンピックコンサート2016」などです。

当期利益が前期を下回った要因は?(2017.5.10)

当期利益は、4月25日に公表しました、B.LEAGUEチケットサイト、及びファンクラブ受付サイトにおける個人情報の流出事案の影響による特別損失(お客様対応費用等を含む情報セキュリティ対応費)2億16百万円の計上、及び実効税率の上昇による法人税等が約3億円増額したため、前期を下回ることとなりました。

【2016年度 第3四半期決算】

2016年度第3四半期が過去最高の売上高、営業利益、経常利益になった理由は?(2017.2.8)

インターネットでのチケット販売が引き続き好調に推移し、特に音楽ジャンルにおいて、チケット売上が前期を上回ったためです。売り上げに貢献したのは、「ONE OK ROCK」、「ケツメイシ」、「back number」、ぴあ主催興行では「大相撲なにわ場所」「オリンピックコンサート2016」などです。

通期の業績予想は修正しないのか。(2017.2.8)

通期の業績予想は、年度末のエンタテインメント市場や大型興行の売行きによる未確定要素が少なくないこと、チケッティングシステムの償却費の増加が見込まれることから、前回公表数値のままとしています。業績の進捗により、予想の修正が必要となった場合には速やかに公表いたします。

売上は上がっていますが、利益が前期を下回った要因は?(2017.2.8)

関係会社株式の減損処理、及び法人税増加の影響で当期利益は前期並みとなりました。

 【2016年度 第2四半期決算】

2016年度第2四半期が過去最高の売上になった理由は?(2016.11.08)

インターネットでのチケット販売が引き続き好調に推移し、特にスポーツジャンル(プロ野球・Jリーグ・Bリーグ他)や地方エリアにおいて、チケット売上が前期を上回ったためです。イベントで売り上げに貢献したのは、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」、「シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ トーテム」、ぴあ主催興行では「TOKYO・OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」「ダンガンロンパ THE STAGE」などです。

通期の業績予想は修正しないのか。(2016.11.08)

11月2日に、最近の業績動向を踏まえ、2016年5月10日に公表しました2016年度第2四半期(累計)の業績予想を上方修正いたしました。通期の業績予想は、年度末のエンタテインメント市場や大型興行の売行きによる未確定要素が多いこと、システム投資等の増加が見込まれることから、前回公表数値のままとしています。業績の進捗により、予想の修正が必要となった場合には速やかに公表いたします。

 【2016年度 第1四半期決算】

2016年度第1四半期が過去最高の売上になった理由は?(2016.08.09)

インターネットでのチケット販売が好調に推移し、全ジャンルの販売が前期を上回ったためです。イベントで売り上げに貢献したのは、「ROCK IN JAPAN FES.2016」、「シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ トーテム」、ぴあ主催興行では「TOKYO・OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016」などが売上に貢献しました。

業績予想は修正しないのか。(2016.08.09)

第1四半期は、当初予想のほぼ想定どおりに進捗しており、上期・通期の業績予想は、前回公表数値のままとしています。業績の進捗により、予想の修正が必要となった場合には速やかに公表いたします。

 【2015年度 決算】

期初予想を大きく上回る売上、大幅増益になった主な要因は?(2016.05.10)

2015年度も国内レジャー・エンタテインメント市場は引き続き堅調に推移しており、チケット流通事業の好調を受けて、過去最高の売上高を記録しました。スポーツジャンル(野球、サッカー、大相撲)を中心に全ジャンルのチケット販売が前期を上回ったこと、インターネットでのチケット販売が伸張したことが挙げられます。

自己株式の取得を行う理由は?(2016.05.10)

中期経営計画の経営指標であるROE(株主資本利益率)の達成に向けて、株式を活用した様々な資本政策を可能にするためです。 今回、決定しました取得期間は、平成28年5月11日から平成29年5月10日までの1年間で、取得する株式総数の上限は75万株、株式の取得価格の総額の上限は、1,500百万円です。なお、2015年度に取得した自己株式の総数は129,800株で、取得価格の総額は、299百万円です。自己株式数は、2016年3月期末で、152,337株(2015年3月期末は、22,500株)です。

ぴあの配当の方針と来期の配当予想を教えてください。(2016.05.10)

ぴあグループの株主還元方針は、中長期の事業及び投資環境等の経営状況を踏まえた上で「配当政策」「自己株式の取得」「株主優待」の3つを軸に展開し、総還元性向につきましては30%を目安としています。配当は連結当期利益を基準に20%を目安とし、今回は通期の業績が当初予想を上回って増収増益を達成したことに基づき、1株当たり16円(前期実績1株当たり15円)の普通配当を実施させていただくこととなりました。2016年度の配当についても、1株あたり16円の普通配当を予想しております。

 【2015年度 第3四半期決算】

2016年度第3四半期も過去最高の売上高を達成した理由は?(2016.02.09)

チケットぴあでのチケット販売が、引き続き好調のためです。特に、スポーツジャンル(野球・サッカー・大相撲)、クラシック・演劇ジャンルでの販売が伸長し、第3四半期では、前期を上回りました。増益の要因は、インターネット販売の拡大(対前年比3~4%増)によるものです。

通期の業績予想の修正はしないのですか。(2016.02.09)

通期の業績予想は、現時点では、年度末のエンタテインメント市場や大型興行の売行きによる未確定要素が多いことから、前回公表数値のままとしています。引き続き、数値の精査を行い、予想の修正が必要な場合、速やかに公表いたします。

 【2015年度 第2四半期決算】

2015年度第2四半期も過去最高の売上高を達成したとのことですが、その要因は?(2015.11.10)

チケット販売が引き続き好調で、特に音楽ジャンルでの大型興行(Mr.Children、夏フェス等)、またスポーツジャンルでのJリーグ、プロ野球、大相撲が前期を上回る形で推移したためです。

通期の業績予想は修正しないのですか?(2015.11.10)

2015年度第2四半期の業績予想は、2015年10月29日に上方修正を行いましたが、通期の業績は前回公表数値のままとしています。今後の業績の進捗等により、予想の修正が必要となった場合には速やかに公表いたします。

2015年度第2四半期累計期間の業績予想の修正をしたのはなぜですか?(2015.10.29)

当初予想より音楽(Mr.Children、夏フェス等)やスポーツジャンル(野球・サッカー・大相撲)でのチケット販売が好調に推移しており、売上高・営業利益・経営利益・親会社株主に帰属する四半期純利益が前回公表しました業績予想を上回る見込みとなったためです。

売上高・営業利益などは、業績予想が修正されてますが、通期の連結業績予想を修正しない理由は?(2015.10.29)

通期の連結業績予想は、2015年5月17日に公表しました数字と現地点では、変更はありません。今後、業績予想の修正が必要になった場合は、速やかに公表いたします。

 【2015年度 第1四半期決算】

2015年度第1四半期が過去最高の売上になった理由は?(2015.8.10)

インターネットでのチケット販売が好調に推移し、過去最高の売上を達成しました。特に、スポーツジャンル(プロ野球、Jリーグ/サッカー、大相撲等)が前期を上回りました。イベントで売り上げに貢献したのは、「ROCK IN JAPAN FES. 2015」、「Mr.Children スタジアムツアー2015未完」等、出版商品では『夏ぴあ』(首都圏版/関西版/東海版)、『食本』シリーズ(川口、武蔵小山、津・松阪、広島ほか)です。

売上は上がっていますが、利益が前期を下回った要因は?(2015.8.10)

チケットの販売競争が激化しており、仕入れコストが増加したことや、出版商品の返本が増加していることなどにより利益は前年を下回りました。

業績予想の修正は実施しないのですか。(2015.8.10)

現時点では、前回公表数値のままとしています。業績の進捗により、予想の修正が必要となった場合には速やかに公表いたします。